食費を節約する事も大切

お金に困ったときは、お金を稼ぐ事も大事ですが、「出ていくお金を減らす」という事も同時に行うようにしましょう。つまり「節約」を常に心掛けるわけですね。

まず、支出で大きな割合を占めるのが「食費」です。食費は、まず食材の購入方法から検討する事が必要になります。

食材を節約するには、週に1度のまとめ買いが基本中の基本です。スーパーの店頭チェックしてもわかりますが、例えば肉類でも野菜類でも少量に貢献したものよりまとまった量の方が割安で販売されています。

ちまちまと小分け商品の1円、2円を気にするよりもどーんとまとめ買いしたほうがよっぽどお得なのです。

とはいえ何でもかんでもまとめ買いすればよいというわけでもありません。せっかく安く手に入れたものを腐らせたり、消費期限切れにして、捨てたりするようのことになってしまっては意味がありません。

そんな失敗をしない為にも、特に肉、魚、野菜などの生鮮食品は基本的には1週間をめどに計画的に購入するべきでしょう。

まとめ買いによる経済効果を、より高いものにするには、まず冷蔵庫の中の在庫を徹底的にチェックしましょう。その上で1週間のおよその献立を考えて買い物に行くようにします。

1週間の献立を考えるのはなかなか大変ですが、冷蔵庫に残っているものをベースにすると献立も立てやすいし、何より在庫品を無駄にしません。

また1週間の献立をしっかり決めていくことでついつい余計なものを買ってしまうという失敗をなくすことができるはずです。一見関係ないように見えるかもしれませんが自然に家族の1週間のスケジュールを決めておくのも食糧費を節約するのに結びつきます。

例えば夫の残業が続きそうだとか、子供が合宿で不在なるなどといった情報を早めに知っておけば、夕食の準備もそれだけ減らすことができ無駄な買い物をしなくてすみますね。

急な支払いができなくて困った時に

私は2年前に脱サラして、ネットショップを始めたんですが、当時はとても調子が良く、月の売り上げもかなりの金額が上がっていました。

しかもそれはほぼ私一人で運営を行い、在庫をもたない方法で売買できる、ドロップシッピングというやり方だったので、そもそも仕入れが発生しません。

つまり利益はほぼ純利というビジネスモデルだったこともあって、ほとんど経費も出ませんでしたので、要は売上が私の収入、といった感じでした。

ですが、その後、色んな状況の変化や、競合他社の出現、ブームが去っていった、などの要因から、売り上げはまさに右肩サガリ。

あっという間に生活難に陥るほどまでの低収入になってしまいました。

その状況は今年まで続き、今なお脱出できない状況にあります。そんな中、1通の封書が届きました。

そう、住民税の納付書です。もちろん住民税は去年の所得を元に計算されるため、いったん稼ぎが落ちてしまうと、非常に苦しい状況に陥ってしまいます。

それで前回も、払えずにいると、督促の電話が区役所からかかってきました。

担当の方に事情を説明し、今の状況をわかっていただくと、「減額はできないが、分割して支払うことはできる」との事でした。

分割ですら今の私にはキツイものがあるんですが、とりあえず、分割で支払う用の納付書を送っていただくよう手配してもらいました。

それでとりあえず急にお金を準備しなくちゃいけなかったんですが、何かいい方法はないか調べていたら、参考になるサイトを見つけました。

⇒ http://すぐにお金が必要.xyz/

もし、すぐにお金が必要になった時は、ぜひのぞいてみてください。