お金に困ったら参考にしてくださいね。お金の悩みを解決するための経験談、解決策です。

お金の悩み解決ナビ

クレジットカード

クレジットカードの選び方

投稿日:

あなたはクレジットカードを持っていますか?

一言でクレジットカードと言いますが、実にたくさんの種類があります。

現在、クレジットカードにはたくさんの種類があるわけですが、日本人はだいたい、3枚~4枚ほど一人持っている計算になるそうですよ。

では、クレジットカードを説明できますか?クレジットカードを日ごろ使ってはいるものの、いざ「じゃあどういうものか詳しく説明してください」と言われるとなかなか難しいですね。

「買い物の時に出す現金の代わりに支払いができて、後で請求がくるもの」

こんな感じの説明を思い付くのではないでしょうか。この説明でも9割は理解されると思います。

ただし、これでは正しくクレジットカードを理解していることにはなりません。私たちは知らないままに、お店か何かで作ったら得とか、ポイントがたまるとかいった感じで、クレジットカードを作っているんですね。

なので、まずは仕組みから知りましょう。

英語で書くとわかりやすいんです。「Credit Card」になりますよね。このCreditの単語を英和の辞書で引くと、1 [U] 掛け(売り), 信用貸し, つけ, クレジット;支払い猶予期間;払い戻しといった意味が真っ先に出てきます。

つまり、クレジットカードというのは信用を借りているカードなんです。カードというのはある人からの信用です。つまり、ある人から信用があるから、そのお店で利用出来るのがクレジットカードなんです。

●会員、加盟店、カード会社の三角関係

クレジットカードの仕組みについてわかりましたか。英語なら一発で意味がわかりましたね。ある人から信用があるので、そのお店で利用出来るカードのことです。

さて、ここで言葉を整理しましょう。ある人というのはカード会社のことです。クレジットカードの三大企業は、VISA、JCB、マスターカードというところでしょうか。

この3つは超世界的な大企業ですから、とてつもない信用を持っています。つまり、このカード会社から信頼を得ていることが重要なんです。ただ、この3つの企業は良く出てきますが、発行会社ではないんですよね。

さて、信頼を得ている証として会員証というものがあります。

それがカードだと思って頂いて結構です。また、信頼を得るのは顧客だけではなく、使ってくれる店もカード会社に信頼を得なければなりません。

つまり、加盟店です。加盟店とは、そのクレジットカードが使える店のことです。クレジットカードは会員、加盟店、カード会社、この三者によって成り立ちます。

まずはここの部分を頭に入れておいてください。

-クレジットカード

Copyright© お金の悩み解決ナビ , 2017 AllRights Reserved.