食費を節約する事も大切

お金に困ったときは、お金を稼ぐ事も大事ですが、「出ていくお金を減らす」という事も同時に行うようにしましょう。つまり「節約」を常に心掛けるわけですね。

まず、支出で大きな割合を占めるのが「食費」です。食費は、まず食材の購入方法から検討する事が必要になります。

食材を節約するには、週に1度のまとめ買いが基本中の基本です。スーパーの店頭チェックしてもわかりますが、例えば肉類でも野菜類でも少量に貢献したものよりまとまった量の方が割安で販売されています。

ちまちまと小分け商品の1円、2円を気にするよりもどーんとまとめ買いしたほうがよっぽどお得なのです。

とはいえ何でもかんでもまとめ買いすればよいというわけでもありません。せっかく安く手に入れたものを腐らせたり、消費期限切れにして、捨てたりするようのことになってしまっては意味がありません。

そんな失敗をしない為にも、特に肉、魚、野菜などの生鮮食品は基本的には1週間をめどに計画的に購入するべきでしょう。

まとめ買いによる経済効果を、より高いものにするには、まず冷蔵庫の中の在庫を徹底的にチェックしましょう。その上で1週間のおよその献立を考えて買い物に行くようにします。

1週間の献立を考えるのはなかなか大変ですが、冷蔵庫に残っているものをベースにすると献立も立てやすいし、何より在庫品を無駄にしません。

また1週間の献立をしっかり決めていくことでついつい余計なものを買ってしまうという失敗をなくすことができるはずです。一見関係ないように見えるかもしれませんが自然に家族の1週間のスケジュールを決めておくのも食糧費を節約するのに結びつきます。

例えば夫の残業が続きそうだとか、子供が合宿で不在なるなどといった情報を早めに知っておけば、夕食の準備もそれだけ減らすことができ無駄な買い物をしなくてすみますね。

急な支払いができなくて困った時に

私は2年前に脱サラして、ネットショップを始めたんですが、当時はとても調子が良く、月の売り上げもかなりの金額が上がっていました。

しかもそれはほぼ私一人で運営を行い、在庫をもたない方法で売買できる、ドロップシッピングというやり方だったので、そもそも仕入れが発生しません。

つまり利益はほぼ純利というビジネスモデルだったこともあって、ほとんど経費も出ませんでしたので、要は売上が私の収入、といった感じでした。

ですが、その後、色んな状況の変化や、競合他社の出現、ブームが去っていった、などの要因から、売り上げはまさに右肩サガリ。

あっという間に生活難に陥るほどまでの低収入になってしまいました。

その状況は今年まで続き、今なお脱出できない状況にあります。そんな中、1通の封書が届きました。

そう、住民税の納付書です。もちろん住民税は去年の所得を元に計算されるため、いったん稼ぎが落ちてしまうと、非常に苦しい状況に陥ってしまいます。

それで前回も、払えずにいると、督促の電話が区役所からかかってきました。

担当の方に事情を説明し、今の状況をわかっていただくと、「減額はできないが、分割して支払うことはできる」との事でした。

分割ですら今の私にはキツイものがあるんですが、とりあえず、分割で支払う用の納付書を送っていただくよう手配してもらいました。

それでとりあえず急にお金を準備しなくちゃいけなかったんですが、何かいい方法はないか調べていたら、参考になるサイトを見つけました。

⇒ http://すぐにお金が必要.xyz/

もし、すぐにお金が必要になった時は、ぜひのぞいてみてください。

お金に困ったときの体験談

ヤミ金に手を出してはいけない

私は一時期すごくお金に困ったことがあります。
もちろん大学を卒業してからは普通に就職して、サラリーマンとして働いていました。
ですが、時代の変化もあったんでしょう。
年を追うごとに会社の業績はまさに右肩下がりで、規模を縮小したり、早期退職者を募っていたりして急場をしのいでいました。
ですが、それでも資金繰りが追い付かず、ついに倒産しました。
一応給料は出ましたが、退職金どころではなかったですね。
私の場合年齢的なものもあって再就職が見つからないままどんどん月日はすぎていきました。
そしてついに生活費がままならなくなり、多額の借金でまかなわざるを得ない状況に。
ですがそれももちろんすぐに行き詰り、ついに怪しい所からお金を借りてしまいまして。。
その後はご想像の通り、非常に大変な目にあいましたが、最終的に弁護士さんに解決してもらいました。
どんなにお金に困ってもそういったヤミ金には決して手を出してはいけない、ということをお伝えしておきたいです。

とりあえず日払いのアルバイトでしのぐ

誰しもお金に困る時期ってあると思います。
特に若い頃は考え方もしっかりしていないため、自堕落な生活を送ったり、働くのを面倒くさいと思ったり。
ですが、年齢を重ねていくにつれ、それではいけないと次第に思いはじめるはずです。
それはもしかしたら、実際にそういう状況にまで追い込まれないと実感できないのかもしれません。
ですが、それに気づいたら、とにかく何でもよいので、すぐにお金になるような仕事を見つけましょう。
即金という点ではうあはり日払いのアルバイトなどがよいのかもしれません。
どうしても肉体的にキツイ職種になりますが、やはり時給も良いし、求人自体も常にありますからね。
お金に困ったら、まずはそういった日払い、週払いのアルバイトでしのぐという方法も良いと思います。

無駄遣いをしない

お金に困ると、どうしても「稼ぐ」という方に意識がいきがちになりますが、「できるだけお金を使わない」ということも
常に頭に置いておいた方が良いと思います。
例えば外で飲み物を買わない、外食をしないという感じです。
1日だけを見ると、まったく大したことではないと思うかもしれませんが、これが1週間、1ヵ月、1年と日が増すにつれ、
その節約の大切さに気づくでしょう。今日からすぐ始めてみてくださいね。

収支表をつける

お金に困るということは基本的に収入より支出の方が多くなっているということです。
という事はやるべき事は単純で、入出金について毎日書き留めておけばよいわけです。
これがキチンと赤になってないかどうかをチェックしていけば、おのずとつじつまのあった生活はできるはずです。
もし赤字の月になった場合は、来月はならないようにしようという意識が働くわけなので、
そのままズルズルと赤字が増えていくという事態は避けられるはずでしからね。
やはりそういった意識を持って生活するのは非常に大切です。

クレジットカードの選び方

あなたはクレジットカードを持っていますか?

一言でクレジットカードと言いますが、実にたくさんの種類があります。

現在、クレジットカードにはたくさんの種類があるわけですが、日本人はだいたい、3枚~4枚ほど一人持っている計算になるそうですよ。

では、クレジットカードを説明できますか?クレジットカードを日ごろ使ってはいるものの、いざ「じゃあどういうものか詳しく説明してください」と言われるとなかなか難しいですね。

「買い物の時に出す現金の代わりに支払いができて、後で請求がくるもの」

こんな感じの説明を思い付くのではないでしょうか。この説明でも9割は理解されると思います。

ただし、これでは正しくクレジットカードを理解していることにはなりません。私たちは知らないままに、お店か何かで作ったら得とか、ポイントがたまるとかいった感じで、クレジットカードを作っているんですね。

なので、まずは仕組みから知りましょう。

英語で書くとわかりやすいんです。「Credit Card」になりますよね。このCreditの単語を英和の辞書で引くと、1 [U] 掛け(売り), 信用貸し, つけ, クレジット;支払い猶予期間;払い戻しといった意味が真っ先に出てきます。

つまり、クレジットカードというのは信用を借りているカードなんです。カードというのはある人からの信用です。つまり、ある人から信用があるから、そのお店で利用出来るのがクレジットカードなんです。

●会員、加盟店、カード会社の三角関係

クレジットカードの仕組みについてわかりましたか。英語なら一発で意味がわかりましたね。ある人から信用があるので、そのお店で利用出来るカードのことです。

さて、ここで言葉を整理しましょう。ある人というのはカード会社のことです。クレジットカードの三大企業は、VISA、JCB、マスターカードというところでしょうか。

この3つは超世界的な大企業ですから、とてつもない信用を持っています。つまり、このカード会社から信頼を得ていることが重要なんです。ただ、この3つの企業は良く出てきますが、発行会社ではないんですよね。

さて、信頼を得ている証として会員証というものがあります。

それがカードだと思って頂いて結構です。また、信頼を得るのは顧客だけではなく、使ってくれる店もカード会社に信頼を得なければなりません。

つまり、加盟店です。加盟店とは、そのクレジットカードが使える店のことです。クレジットカードは会員、加盟店、カード会社、この三者によって成り立ちます。

まずはここの部分を頭に入れておいてください。

学費のカバーは日本学生支援機構の奨学金制度を

高校や大学の学費の支払いが苦しい場合は、奨学金を検討してみてもよいかもしれません。現在、政府も給付型奨学金についてはいろんな議論を交わしている様子です。

奨学金の代表的な存在である「日本学生支援機構」の奨学金制度には、無利子で借りられる第一種奨学金と、有利子奨学金(3%)になる第二種奨学金があります。

どちらも高校在学中に高校を通じて申し込む「予約採用」の場合、進学先の大学で申し込む「在学採用」があります。「在学採用」の場合、手続きに時間がかかり、1回目の奨学金の振り込みが遅くなります。

第一種の予約採用は高校三年生の4~6月です。第二種については、第一種と同じ高3の4~6月の他、秋と冬に申込の機会があります。

締切日は高校によって異なります。学費の不足が確実であれば、予約採用を利用して申し込んだ方が安全かつ安心だと思います。

第一種奨学金は予算枠が少ないため、収入や成績などの基準をクリアしていても、借りられないことがありますが、まずは申込をしてみることをおすすめします。

ただし、第二種の有利子奨学金についてはいささか疑問が残ります。というのも、やはり利率が高すぎて返済できない人が後を絶たない状況が続いているからです。

もし、奨学金の返済が苦しい、返せない、といった方はぜひ参考にしてください⇒奨学金の返済が苦しいならコレがおすすめです。

その日に申込、審査、振り込みしてくれるカードローン

キャッシングってほんと便利ですよね。給料日まであと少し足りないっていう時でも、必要な金額だけ借りることができますからね。

プロミスもまた然り、SMFGグループで信頼度も知名度も十分あって、しかもすごく使いやすいんですよね。

ただ、最初に審査を申し込む時に、「プロミスの審査って即日即答してもらえるのかな?」って思ってたんです。何しろその時はすごく急がないといといけない支払いがあったので。

答えから先に言うと審査結果の回答は「基本、即日即答、最短30分」です。さらに「即日融資も可能」です。

つまり基本的には「その日に申込、契約、キャッシング」までできちゃうわけですが、「基本」と言ったのは全て即日にするためにはいくつか条件があるからなんです。

条件とか言ったら大げさになっちゃうんですが、全然大した事じゃないんです(笑)

あ、なので申し込みから実際入金してもらうまでの流れを説明したほうがいいかもですね。

まず申し込みはインターネットなら24時間365日受付なので、わざわざ店舗に行く必要はありません。下の画像をクリックすると公式ページへ飛びます。

するとページ中に「お借入診断」というボタンがありますのでクリックして下さい。3項目を入力するだけで借入可能かどうかを簡易診断してもらえます。

融資可能であれば正式な審査のための手続きをすすめますので、ボタンを押して内容を選択、記入していきます。

ここで最後のほうに「ご契約方法」という部分があります。ここで即日Web契約か、後日来店契約か、郵送契約かによって即日かどうかが変わってくるわけですね。

もちろんお急ぎであればWeb契約がおすすめです。必要書類を携帯電話のカメラやスキャナで画像化のうえ、指定のメールアドレスに送れば、すぐ確認してもらえますから。

さらに注意が必要なのが、Web契約での振り込み額です。来店なしの即日の振込融資が可能なのは契約額50万円までですので。

と、以上そんな感じなのですがさらに詳しい説明は公式ページの方でご確認をお願いします。いずれにしても、選択次第で融資までの時間は変わってくるのですが、プロミスの場合は即日即答、即日融資が可能、ということです。

実は私自身、即日融資のおかげで助かったことが何度かあります。急な出費もそうなんですが、以前、急に旅行に誘われた事があるんです。

その子とは高校も大学も一緒で、会社は別々だったんですけど、良く一緒に飲みに行ってました。で、その子が急に転勤する事になって、それで思い出に二人で旅行しようってことになって・・・。

しかも話の行きがかり上、海外になちゃって(p_-;)よっぽど行き先変えてもらおうかな・・・とも思ったんですが結局言い出せなくて。

旅費もさることながら、まずはチケットは格安航空券なので支払いは一括払いのみ。安月給の新人OLにそんな蓄えがあるはずもなく・・・・プロミスに申し込んだわけです。

でも今となってはホント借りて良かったと思ってます。こう言う時って、ほんとお金には返られない価値がありますからね。

返済に関しても、思ってた以上に利率が低かったので、毎月無理して返済、なんてこともありません。なので今年の秋は転勤先に遊びに行こうかな~なんて思ってるくらいです♪